化粧品、繊維製品、日常品の肌への安全性試験を受託しております。

1.直接肌につけるものだから「パッチテスト済み」でありたい。

2.「スティンギングテスト済み」「ノンコメドジェニックテスト済み」で差別化を図りたい。

3.最終安全性試験であるヒトパッチテストの結果を保存して、万が一のクレームに備えたい。

様々な安全性試験、ご要望に対応可能です。

24時間閉塞パッチテスト

ヒト単純パッチテスト
一次刺激性試験
皮膚科専門医が判定

「パッチテスト済み」


RIPT(累積刺激及び感作試験)

ヒト連続刺激パッチテスト

「累積刺激テスト済み」
「アレルギーテスト済み」



スティンギングテスト

かゆみやヒリヒリ感を評価
感応性テスト
敏感肌製品の評価に
皮膚科専門医が判定
「スティンギングテスト済」


ノンコメドジェニックテスト

ニキビへの影響をチェック



 
 

S2リサーチラボの3つの安心。

1.多数の企業様から多様な製品の試験を承っており安心です。

2.弊社の皮膚科専門医が計画から実施、評価まで全てに携わっており安心です。

3.試験の受注から、結果のご報告まで迅速かつ柔軟な対応により安心です。

化粧品取扱い企業の皆様へ

2001年の薬事法改正により、パッチテストなどによる化粧品の安全性保証は企業の自己責任に基づいて行われることとなりました。
化粧品の品質・安全性については、企業の責任下で安全性試験を施行せねばなりません。消費者クレームにも、企業自身の責任で対処する必要があります。これは輸入化粧品業者様でも同様で、輸入者自身に化粧品の品質保証責任・製造物責任があります。
近年、ドラッグストア、ネット通販上には多種多様な化粧品を見かけますが、これらの化粧品もすべてパッチテストなどの安全性試験を通じて、商品に対する責任を負う準備をする必要があります。
パッチテストはヒトの皮膚での最終的な安全性試験です。我々はヒトパッチテスト(閉塞パッチテスト、パッチテスト(オープン法)等)を通じて、第三者機関の立場から正確な安全性試験・評価を行います。
お見積もり
お問い合わせ 03-5325-3456
株式会社S2リサーチラボ

■本社
〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-10-1
日土地西新宿ビル8階
Tel: 03 5325 3456
URL:
http://www.s2-research-lab.jp/